簡単に

芝生に水をやる

芝生に水をやる

芝生に水をまく頻度は?

2つの学校がこの質問に反対しています。1週間に集中的な散水を行う支持者と、2日ごとに軽い散水が密で緑の芝生を得るための最良の方法であると信じている庭師です。実際には、それはすべてあなたの芝生の年齢に依存します。数年間成長しており、根がよく発達している場合、週に1回の散水で十分です。一方、若い芽は、特に夏の期間に、より定期的な散水を必要とします。

散水に使用する水量は?

雨量計がある場合は、芝生が受けた水の量を分析するのは簡単です。ほとんどの庭師は、1日あたり4ミリメートルの水、または1平方メートルあたり4リットルの水(自動スプリンクラーで約20分)を推奨していることに注意してください。この量が非常に高いと思われる場合は、非常に緑の芝生を維持する最良の方法です。水が不足して黄色になった芝生を一年中形を保つよりも「緑化」する方が費用がかかります。

手動または自動散水?

芝生の小さなエリアでは、自動散水は費用がかかり、採算が取れないため、役に立ちません。一方、大きな芝生では、自動散水システムをセットアップすることは非常に興味深いです。水の損失や無駄がなく、均一で定期的な散水、計画するメンテナンスの削減…